1000万のお金を借りる方法は?

1000万のお金を借りる方法は?

お金を借りる方法はたくさんありますが、1000万円のお金を借りる方法となると、かなり限られてしまいます。消費者金融では総量規制がかかるので、年収が3000万円以上ある人でないと、1000万円のお金を借りることは法律的に不可能です。例外的に、事業用ローンやおまとめローンでは総量規制がかかりませんが、1000万円という高額な限度額を設定している消費者金融はほとんどありません。

1000万円のお金を借りるなら、銀行の商品を利用するのが一般的となるでしょう。銀行カードローンでは、限度額が最高で1000万円になっているものもあります。しかし、よほど属性が良い人でないと、最初から高額な限度額がつくことはありません。住宅ローンを借りている人など、すでにその銀行で取引があって、信用が築けている場合には、最初から高額な限度額がついたカードローンを契約できることもあります。

1000万円ものお金を借りるとなると、無担保融資では難しいかもしれません。不動産担保ローンなどを利用すれば、高額な融資を受けやすくなります。例えば、3000万円の価値のある土地を担保に提供すれば、1500万円~2000万円くらいを借りられる可能性があります。不動産担保ローンでは、担保として提供する不動産の価値の5割~8割くらいが限度になりますので、価値のある不動産を担保として提供できる場合には、1000万円を借りられる可能性が高まります。しかし、返済ができなくなると担保に提供している土地などを強制売却されてしまうことには注意が必要になります。