jaicで転職を考える場合のデメリットとは

jaicで転職を考える場合のデメリットとは

jaicで転職活動を行う時、本当に心から正社員として就職、転職したい、将来絶対に出世してやるんだという強い気持ちがないと、jaicの熱意あるスタッフに和移管を持つこともあります。
つまり、絶対に正社員雇用を勝ち取るという強い気持ちがない限り、しんどいなと思うかもしれないということです。
仮にこのエージェントに対しデメリットがあるとすれば、温度差だと思います。

どんなことでも本気で挑む、そういう気持ちを持っているスタッフ以外いない、jaicはそういうエージェントです。
待ち受けてくれているスタッフがこうした気持ちを持っているのですから、サポートを受ける側も、本気で取り組むことが必要となります。

転職したい、就職したいという気持ちを持っていても、「できれば正社員」「なるべく就職したい」くらいの気持ちなら、jaicではなく別のエージェントの方がいいかもしれません。
このエージェントは本気で就職、転職に取り組む人材をサポートすることをスタッフ全員が誓っているからです。

そろそろしっかり就職しなさいと周囲から言われてしぶしぶ就活している、就職が見つかるといいな・・・という気持ちでjaicにいくと、社員の皆さんの熱意にびっくりするでしょうし、またなんだか熱量が違うと感じ、しんどいと思うこともあります。
この人が正社員として雇用されるために何が必要なのか、どんなことを行っていけばいいのか、一人一人にしっかり向き合ってサポートするのがjaicです。

熱意がそれほどない人が行けば、説明会や個別に相談をするときなど、気持ちが追いついていかないこともあります。
絶対に就職する、正社員になる、社会で活躍するんだという「絶対」の気持ちを持っていないと、ここでの活動は面倒と感じるはずです。本気でぶつかっていけるスタッフがいるから、中途半端な気持ちではこのエージェントの良さを感じないこともあります。

「就職に強い熱意を持っている人以外」でも、アルバイト先等雇用を探しますよという所ではないのです。つまり、どんな気持ちの人にも対応する所ではないということが、この転職エージェント唯一のデメリットといえるのです。
jaicにデメリットがあるとすればそれは「熱すぎる熱意」といわれます。同じ熱量があるならきっと転職は成功します。
JAIC(ジェイック)の評判ってどうなの?はこちら